<トップページに戻る・・・パーソナルトレーニング メニューに戻る>

トレーニング経験者とアスリートの方へ

導入として筋力をつけることにフォーカスしてみます。

筋力を最大限に発揮するためには、挙上方向に正しく力が加わるように、力を逃がしてしまっている箇所、
「水漏れ」ともいえる部分を見つけて、補正する必要があります。

フィジカルを鍛えるといったプラス部分の意識ばかりではなく、まずマイナスになっている部分を確実に
一つ一つなくしていく、それが筋力を強くするための大前提です。

それには適切なフォームの習得、そして意識が必要です。
見よう見まねで漠然と重さを上げることを目的にトレーニングを行い、結果として、それなりの重さを扱うこと
ができるようになったとしても、実はとても非効率的なアプローチだったりします。

ときとしてトレーナーが客観的にフォームや呼吸の仕方などをアドバイスをしなければいけないと思いますし、
そうしたアドバイスなしでは、自分が行いやすい、楽だけれど効果的でないフォームになりがちです。

身体のどの部分で力を逃がしているのかを把握し、そこを一つ一つ矯正する。
しっかりと「水漏れ」の箇所を防ぐことができれば、今までにないスムースな筋出力の発揮を感じることが
できます。

もう一歩先の自分に出会い、そして望む結果を得られるように、私がお手伝いします。